経営理念・経営指針

■経営理念

エネルギーの最適サービスを通じて地域と社会の発展に貢献する

当社は東京電力グループの中核企業として

  • エネルギーサービス事業(発電関連設備の工事・運転・保守)のトップランナーを目指すとともに、環境・エネルギーに関わる事業活動を通じて地域と社会の発展に貢献する
  • 事故炉の安定収束・廃炉作業等を通じて福島の復興に貢献する

■経営指針

4つの柱

お客さまに信頼される

安全・品質・コンプライアンス・環境を優先し、お客さまの立場になって考え、信頼を確かなものにする強固な事業基盤を構築する

事故炉の安定収束・廃炉に貢献する

安定化・廃炉等に当社がもてる人材・技術を結集し、全社をあげて福島の復興に取り組む

未来を切り拓く

業務プロセスの改革、工事・委託作業の効率化等により徹底した原価低減に取り組み、競争力・収益基盤を強化し、グループ外収益の拡大をはかる

人と技術が活きる

従業員・会社双方の成長・発展のために人材の育成、技術・技能の向上をはかる

このページのトップへ