人を知る

各フィールドで活躍している先輩たちを紹介します

就活生へメッセージ

やりたい仕事を見つけるのは難しいことですが、「就職活動=自分自身を見つめ直す機会」と捉えると、将来が拓けるかもしれません。

創生デザイン学科 卒業
2017年入社
営業・事務

入社後に生まれた「指針」。人のため、未来のために一歩ずつ前進

私の仕事の先にある誰かの仕事を意識する

11-4-b-2.jpg

「自分の仕事の先には、その仕事を必要としている人がいる。その人のことを考えよう」。入社してすぐにいただいた先輩からのアドバイスは、今も業務を行う上での私の指針になっています。現在は経営企画部経理グループに所属し、受注データの集約や収支予想の資料作成、入金管理業務、各所からの問い合わせに対応しています。その際に、「作成した資料は分かりやすいか、管理業務にミスはないか、問い合わせに対して丁寧に答えられているか」などと自問自答。今も先輩の言葉を意識しています。

計画停電の経験から、「暮らしの基盤を支えたい」

東日本大震災の際に計画停電を経験したことが、当社を志望した動機のひとつです。電気のない生活を体験したことで、初めてエネルギーの重要性を実感。また、電気を使えるのは当たり前のことだと思っていましたが、当たり前を実現させている人がいることに気づいた瞬間でした。この経験を振り返ったことで就職活動の際には、“暮らしの基盤を支えるために貢献したい”という想いが芽生え、エネルギーや環境に関する事業を展開する当社で働きたいと考えました。

ゼロから、会計業務のノウハウを吸収!

入社当初は経理についての知識はなく、ゼロから、いやマイナスからのスタートだったため、正直とても苦労しましたが(笑)、先輩や上司の方々から多くのアドバイスを得ることで、一つひとつ丁寧に仕事に取り組むことができたと思います。経理に関するノウハウを蓄積しながら、現在に至っています。
会計知識と会計処理の能力を高めることは仕事の幅を広げることにつながるため、出社してから始業までの時間を活用し、簿記や建設業経理士の資格取得の勉強にも取り組んでいます。

仕事が認められることで近づく、理想の私

11-4-e-2.jpg

日々の業務のなかで、「ありがとう」「これからもよろしく」という言葉をいただいた時は、自分の仕事が認められたようで、本当に嬉しく思います。尊敬する先輩に一歩近づくことができたと感じる瞬間です。

1日のスケジュール

  • 午前

    6:00 起床
    8:10 出社、資格の勉強
    8:30 始業
       口座振替払いの管理、
       未収入金の消込など
  • 午後

    13:00 各所からの問い合せ対応、
       会議資料の作成、
       未収入金の消込など
  • 終業

    17:10 終業