人を知る

各フィールドで活躍している先輩たちを紹介します

就活生へメッセージ

可能性を狭めず、さまざまな会社にチャレンジしてください。その選択肢のなかに、当社があると嬉しいです。

電子情報フロンティア学科 卒業
2015年入社
設計・解析

一つ一つ異なる現場の状況に即した設計ができるプロフェッショナルに

若手もチャレンジでき、技術力を高められる。社会を支えるために

02-4-b-2.jpg

私はプラントソリューション事業部に所属しています。CGS(Co-Generation System)というエネルギーの効率化を図る機構のEPC(設計・調達・施工)における電気設計を担当。発電機に電気を通すためのケーブルや配管などの設計を行っています。
私のような若手にもチャレンジする機会を与えてくれるのが当社の魅力です。周りのサポートを受けながら、難しい設計業務に取り組むことで、自分の殻を破れる経験を得ています。

設計の仕事に活かされる、「現場の仕事」

入社して1年目は、OJT(On-the-Job Training)として、実務とトレーニングを兼ねた研修を受けました。その後に現場での施工管理業務を経験し、現在に至りますが、発電機に電気を通すためのケーブルや配管などの設計を行うなかで、現場での経験が活かされます。机上や頭の中だけで図面を引いてしまうと、やはり現場の状況にそぐわない設計図になってしまうからです。
私の場合はまだまだ現場の経験が浅いため、設計する前に現場調査を徹底して確認することを心がけています。より“実践的な設計”ができるよう、見識を深めています。

必要な資格は「電気主任技術者」や「消防設備士」

02-4-d-2.jpg

資格取得のための支援もとても手厚く、自分次第でスキルアップができる環境です。現在、私は電気工事士の資格を取得したため、今後は電気主任技術者や消防設備士などにチャレンジしたいと考えています。

何ものにも代えがたい達成感がある

最初の頃はなかなか自分の設計が認めてもらえず、何度も提案を繰り返したこともありました。だからこそ、試行錯誤しながら完成させた設計図が認められた時の達成感は、何ものにも代え難いものになります。
将来の目標は、社会インフラを担う電気設計のプロフェッショナルになることです。まだまだ駆け出しの技術者のため、つまずくこともありますが、さまざまな現場や設計を経験して、技術を身につけてレベルアップしていきたいと思っています。

1日のスケジュール

  • 午前

    6:20 起床
    8:15 出社
    8:30 始業
       現場での調査を踏まえ、
       打ち合わせ。設計業務など
  • 午後

    13:00 設計業務や見積の作成など
  • 終業

    17:10 終業
       日によって残業2時間程度