• slide
  • slide

山小屋の守りびと

空気を守る

東電小屋の太陽光パネル

東電小屋の太陽光パネル

太陽光発電表示板

太陽光発電表示板
〈太陽光パネル〉
 尾瀬にある施設(東電小屋、富士見峠公衆トイレ)の2か所に太陽光で発電が可能な太陽光パネルを設置しています。東電小屋では山小屋で使用する電気の約2割を太陽光発電により賄い、自家発電による排気ガスの削減を図っています。また、富士見峠公衆トイレは浄化槽等すべての電気を太陽光発電により賄っています。

至仏山荘のエコキュート

至仏山荘のエコキュート
〈エコキュート〉
 至仏山荘、鳩待山荘では、空気の熱でお湯を沸かす給湯器エコキュートを導入しています。エコキュートは従来の燃焼式給湯器と比べて大幅にCO₂排出量を削減することができます。

水を守る

浄化槽設置工事

浄化槽設置工事

公衆トイレチップ箱

公衆トイレチップ箱
尾瀬を訪れる多くの人々が公衆トイレや山小屋を利用することで、河川等の水質汚濁が指摘されるようになりました。そのため、東京電力HD(株)が管理している公衆トイレ(全7箇所)や弊社が管理する山小屋には浄化槽を設置して、基準に適合した水質まで浄化して水を放流しています。(1980年、弊社は尾瀬の山小屋としては初めて鳩待山荘に合併浄化槽を設置しました。) なお、公衆トイレは、排水の処理以外にも清掃や浄化槽機能の維持点検などに費用が掛かるため、トイレ利用をされた方々から1人1回100円程度の協力金をお願いしています。

雪から守る

尾瀬ヶ原の除雪チーム

尾瀬ヶ原の除雪チーム

山小屋の除雪作業

山小屋の除雪作業
尾瀬の冬は積雪が3~4mになります。このため、弊社管理の山小屋・橋梁などが雪の重みによって破損・倒壊しないよう、積雪量が多くなる1月~3月に弊社社員がチームを組み、1週間近く泊まりがけで除雪作業にあたります。